充実した補償内容

自動車に乗っていれば誰しも加入している自賠責保険ですが、交通事故を起こした場合に、被害者である相手のケガや死亡といった損害については補償され、法律上の損害賠償責任を果たす上では役に立つものの、運転している側についてはほとんど補償が及びません。
特に、運転者の一方的な過失による自損事故については、自賠責保険の補償の対象から外れているため、そのままでまったく保険金を手にすることができないということになってしまいます。
こうした場合、任意の自動車保険に加入すれば、自損事故保険とよばれるものが標準的に付帯されてくるため、自賠責保険などよりも充実した補償を受けることができるようになります。
自損事故保険の補償の対象となるのは、停車中の車に後ろから衝突するなど、相手にまったく過失のない車対車の事故で、運転者自身がケガや死亡といった損害を受けた場合や、運転ミスによる相手のいない単独事故で、道路をはみ出して電信柱にぶつかり死傷した場合などがあります。
補償内容としては、死亡の場合は死亡保険金として1人につき1,500万円程度、ケガの場合は医療保険金として入院や通院の日数に応じた金額、身体に障害が残った場合には後遺障害保険金として障害の程度に応じた金額が、それぞれ支払われるというのが一般的です。

Comments are closed.