自損事故保険加入をオススメする理由について

自損事故保険というのは、事故の相手方がいない単独事故や、ドライバーに100パーセントの過失があるような事故について、ドライバー自身がケガまたは死亡という損害を負ってしまった場合に、その治療費などの補償が受けられるという自動車保険の種類です。
単独事故としては、ドライバーの不注意で中央分離帯に乗り上げてしまったとか、カーブを曲がりきれずに崖下に転落してしまったなどの事故が該当します。過失100パーセントの事故とは、信号待ちで停車していた自動車に、後ろから衝突する事故のようなものをいいます。
一般的な相手のある事故であれば、相手にもいくばくかの過失が認められることがほとんどであるため、相手の自動車保険から保険金を受け取るケースも考えられます。しかしながら、単独事故のようなケースでは、相手からの保険金は期待できず、そのままではまったく補償が受けられないことになってしまいます。
こうしたケースで活躍するのが自損事故保険であり、いざというときの備えとして強くオススメしたい内容をもつものです。自損事故保険は、このように重要性がきわめて大きいことから、最近では対人賠償保険に加入した際などに自動的にセットされており、別途申し込みを必要としない場合も多くなっています。テクスチャー10

Comments are closed.