単独事故で運転者が死傷した場合の補償

単独事故というのは、相手のいない事故のことで、例えば、運転者の不注意によってガードレールに衝突したり、崖地から転落してしまったりといった事故のことをいいます。
すべての自動車は運行するにあたって自賠責保険への加入が法律により義務付けられていますが、基本的には第三者である被害者を救済するための保険ですので、助手席や後部座席に乗っていた人が死傷した場合については、自賠責保険でも保険金が下りるものの、運転者本人については、残念なことに保険金が下りません。
そのため、任意で自動車保険に加入することになりますが、運転者本人に被害があった場合についても補償の対象とする保険にはいくつか種類があり、自損事故保険とよばれているものがその代表となっています。
この自損事故保険は、通常は他の自動車保険に加入すれば、自動的に付帯されるものですので、特に申し込みの必要がないというのが一般的です。
もし運転者が死亡した場合には、死亡保険金として1,500万円程度が、その他傷害であれば医療保険金として入院・通院の日数にあわせて定額が支払われることになります。
さらに保険金の金額を増やしたいという場合については、自動付帯の自損事故保険だけではなく、人身傷害保険などの別の保険に加入したほうがよいでしょう。テクスチャー11

Comments are closed.