対人賠償保険込み!

自動車事故というのは、必ずしも相手がいるものとは限らず、例えばハンドル操作を誤って崖から転落したり、ガードレールに衝突したりといったものがあります。
こうした事故で自動車の車内にいた人がケガをした場合については、他人である同乗者については自賠責保険の対象となるものの、運転していた本人については、自賠責保険からまったく保険金が下りず、治療費などはすべて自己負担となってしまう場合があります。
その場合に頼りになるのが自損事故保険とよばれる自動車保険であり、もしこうした事態で自賠責保険が下りずに死亡した場合は1,500万円まで、ケガであれば入院1日につき6,000円、通院であれば1日につき4,000円が支払われるというのが一般的です。
相手がいない単独事故のほかにも、道路の中央線をはみだして対向車と正面衝突した場合のように、運転者に一方的に非がある事故についても、必要な保険金が支払われます。
この自損事故保険は、個別に保険会社に申し込みをするというよりも、対人賠償保険とセットになっていて、特に申し込みをしなくても自動で適用になるというのが一般的です。
そのため、自損事故によるケガ・死亡のほか、相手のある事故での相手方のケガ・死亡といった損害のために保険金が必要な場合についても、ひとつの契約だけで対応することができるというメリットがあります。テクスチャー13

Comments are closed.