死亡保険金とは

自損事故保険とは、相手がいない単独事故や、ドライバー自身に一方的な過失がある事故によって死傷した場合であって、強制保険の自賠責保険では保険金が下りず、救済がされないような場合について、補償の対象となる保険です。
このような事故の類型としてはさまざまなものが想定されますが、例えば山道で急カーブを曲がりきれずにガードレールからはみだして崖の下に転落してしまったとか、道路から逸れて信号機の支柱に激突してしまったといったものが挙げられます。
こうした事故によって、万が一にもドライバー本人が死亡してしまった場合、自賠責保険では保険金が下りませんので、自損事故保険のほうから死亡保険金が支払われることとなります。受取人は死亡した本人の法定代理人などであり、金額としては1名について1,500万円程度というのが標準的なところです。
自賠責保険であれば、死亡の場合の保険金の限度額は3,000万円ですので、それよりも少ないということはありますが、まったく保険金が得られない場合と比べれば雲泥の差があるといえます。
ただし、この保険はドライバーの通常の過失による事故については対象となるものの、ドライバーが故意または重大な過失によって起こした事故や、無資格運転や酒気帯び運転による事故、地震や噴火などの自然災害による事故については対象外とされています。

Comments are closed.