介護費用保険金とは

自動車を運転しているときに電柱に衝突したり、崖から転落したりといった、相手がいなかったり、運転者自身の過失の割合が100パーセントであるような事故については、通常は自賠責保険で保険金を受け取ることが困難です。
これはそもそも保険金を請求すべき相手がいないためですので、運転者の側の自己責任でケガの治療費の支払いなどをすべて行わなければなりません。
自損事故保険というのは、このような事故が発生した場合の被害者を救済する目的で生み出された自動車保険であり、支払われる保険金の種類についても、具体的にどのような被害があったのかによって、いくつかの種類に分けられています。
なかでも、介護費用保険金とよばれるものは、自損事故による直接の結果として、ケガ自体が治癒した後にも心身に障害が残ってしまったという場合であって、しかも他人による介護が必要な状態となってしまった場合について、保険会社から支払われる保険金のことをいいます。
この保険金は、後遺障害の程度に応じた金額が支払われるというのが通例で、後遺障害があることそのものに対して支払われる後遺障害保険金に、さらに一定の金額が上乗せされるというかたちになります。

Comments are closed.