医療保険金とは

自損事故保険は、契約中の自動車の運転者などが、道路沿いのガードレールに衝突したり、道路をはずれてガケから転落するなどの自損事故により、ケガ、後遺障害、死亡のような人的損害をこうむったにもかかわらず、自賠責保険でその補償が受けられない場合について、保険金が支払われるという自動車保険です。
このような事故によるケガについては、保険金のなかでも医療保険金とよばれるものが支払われることになります。その金額などについては保険会社による違いがありますが、被害者1名について、入院であれば6,000円、通院であれば4,000円程度で、1日あたり一定の金額が支払われるというのが普通です。ただし、日数のカウントは、医師の治療が必要となった場合の治療日数に対して行われ、1つの事故について100万円までなどの上限額が決められているケースがあります。
もしこうしたケガが完治したとしても、身体に永続的な機能の障害が残ってしまった場合については、この保険金とはまた別のカテゴリである後遺障害保険金とよばれるものが支払われますが、こちらは障害の程度によって等級が割り当てられるため、その等級にしたがって、保険金として支払われる金額が変わります。

Comments are closed.