Archive for the ‘未分類’ Category

医療保険金とは

自損事故保険は、契約中の自動車の運転者などが、道路沿いのガードレールに衝突したり、道路をはずれてガケから転落するなどの自損事故により、ケガ、後遺障害、死亡のような人的損害をこうむったにもかかわらず、自賠責保険でその補償が受けられない場合について、保険金が支払われるという自動車保険です。
このような事故によるケガについては、保険金のなかでも医療保険金とよばれるものが支払われることになります。その金額などについては保険会社による違いがありますが、被害者1名について、入院であれば6,000円、通院であれば4,000円程度で、1日あたり一定の金額が支払われるというのが普通です。ただし、日数のカウントは、医師の治療が必要となった場合の治療日数に対して行われ、1つの事故について100万円までなどの上限額が決められているケースがあります。
もしこうしたケガが完治したとしても、身体に永続的な機能の障害が残ってしまった場合については、この保険金とはまた別のカテゴリである後遺障害保険金とよばれるものが支払われますが、こちらは障害の程度によって等級が割り当てられるため、その等級にしたがって、保険金として支払われる金額が変わります。

介護費用保険金とは

自動車を運転しているときに電柱に衝突したり、崖から転落したりといった、相手がいなかったり、運転者自身の過失の割合が100パーセントであるような事故については、通常は自賠責保険で保険金を受け取ることが困難です。
これはそもそも保険金を請求すべき相手がいないためですので、運転者の側の自己責任でケガの治療費の支払いなどをすべて行わなければなりません。
自損事故保険というのは、このような事故が発生した場合の被害者を救済する目的で生み出された自動車保険であり、支払われる保険金の種類についても、具体的にどのような被害があったのかによって、いくつかの種類に分けられています。
なかでも、介護費用保険金とよばれるものは、自損事故による直接の結果として、ケガ自体が治癒した後にも心身に障害が残ってしまったという場合であって、しかも他人による介護が必要な状態となってしまった場合について、保険会社から支払われる保険金のことをいいます。
この保険金は、後遺障害の程度に応じた金額が支払われるというのが通例で、後遺障害があることそのものに対して支払われる後遺障害保険金に、さらに一定の金額が上乗せされるというかたちになります。

後遺障害保険金とは

後遺障害保険金は後遺障害の等級によって支払われる金額が変わります。等級は1級から14級まであり、1級が一番重い等級です。等級を細かく定めた等級表があり、身体の全ての部分に対して等級が設定されています。例えは両目を失明した場合は1級、片目を失明した場合は6級、視力低下がある場合には8級といった具合です。等級は保険会社が決定しますが、契約者側で等級に納得いかない場合は異議申し立ても可能です。自損事故保険や搭乗者傷害保険では等級によって支払われる金額が100万円単位で変わってくるため保険会社と契約者側との間で裁判になることもあります。後遺障害の等級の決め方は、医師の作成した後遺障害診断書をベースにレントゲンやMRI等の検査資料、医師の作成した意見書、家族からの日常生活状況表等の資料を揃えて保険会社に提出します。保険会社では事案によっては自賠責保険の等級を決定する調査事務所へ書類を回送して、妥当な等級を決めて行きます。自損事故保険では等級によって支払われる金額は一定ですが、搭乗者傷害保険の場合は契約の保険金額によって変わってきます。当然ながら保険金額が高い程高い程支払われる金額も多くなります。

死亡保険金とは

自損事故保険とは、相手がいない単独事故や、ドライバー自身に一方的な過失がある事故によって死傷した場合であって、強制保険の自賠責保険では保険金が下りず、救済がされないような場合について、補償の対象となる保険です。
このような事故の類型としてはさまざまなものが想定されますが、例えば山道で急カーブを曲がりきれずにガードレールからはみだして崖の下に転落してしまったとか、道路から逸れて信号機の支柱に激突してしまったといったものが挙げられます。
こうした事故によって、万が一にもドライバー本人が死亡してしまった場合、自賠責保険では保険金が下りませんので、自損事故保険のほうから死亡保険金が支払われることとなります。受取人は死亡した本人の法定代理人などであり、金額としては1名について1,500万円程度というのが標準的なところです。
自賠責保険であれば、死亡の場合の保険金の限度額は3,000万円ですので、それよりも少ないということはありますが、まったく保険金が得られない場合と比べれば雲泥の差があるといえます。
ただし、この保険はドライバーの通常の過失による事故については対象となるものの、ドライバーが故意または重大な過失によって起こした事故や、無資格運転や酒気帯び運転による事故、地震や噴火などの自然災害による事故については対象外とされています。

充実した補償内容

自動車に乗っていれば誰しも加入している自賠責保険ですが、交通事故を起こした場合に、被害者である相手のケガや死亡といった損害については補償され、法律上の損害賠償責任を果たす上では役に立つものの、運転している側についてはほとんど補償が及びません。
特に、運転者の一方的な過失による自損事故については、自賠責保険の補償の対象から外れているため、そのままでまったく保険金を手にすることができないということになってしまいます。
こうした場合、任意の自動車保険に加入すれば、自損事故保険とよばれるものが標準的に付帯されてくるため、自賠責保険などよりも充実した補償を受けることができるようになります。
自損事故保険の補償の対象となるのは、停車中の車に後ろから衝突するなど、相手にまったく過失のない車対車の事故で、運転者自身がケガや死亡といった損害を受けた場合や、運転ミスによる相手のいない単独事故で、道路をはみ出して電信柱にぶつかり死傷した場合などがあります。
補償内容としては、死亡の場合は死亡保険金として1人につき1,500万円程度、ケガの場合は医療保険金として入院や通院の日数に応じた金額、身体に障害が残った場合には後遺障害保険金として障害の程度に応じた金額が、それぞれ支払われるというのが一般的です。

対人賠償保険込み!

自動車事故というのは、必ずしも相手がいるものとは限らず、例えばハンドル操作を誤って崖から転落したり、ガードレールに衝突したりといったものがあります。
こうした事故で自動車の車内にいた人がケガをした場合については、他人である同乗者については自賠責保険の対象となるものの、運転していた本人については、自賠責保険からまったく保険金が下りず、治療費などはすべて自己負担となってしまう場合があります。
その場合に頼りになるのが自損事故保険とよばれる自動車保険であり、もしこうした事態で自賠責保険が下りずに死亡した場合は1,500万円まで、ケガであれば入院1日につき6,000円、通院であれば1日につき4,000円が支払われるというのが一般的です。
相手がいない単独事故のほかにも、道路の中央線をはみだして対向車と正面衝突した場合のように、運転者に一方的に非がある事故についても、必要な保険金が支払われます。
この自損事故保険は、個別に保険会社に申し込みをするというよりも、対人賠償保険とセットになっていて、特に申し込みをしなくても自動で適用になるというのが一般的です。
そのため、自損事故によるケガ・死亡のほか、相手のある事故での相手方のケガ・死亡といった損害のために保険金が必要な場合についても、ひとつの契約だけで対応することができるというメリットがあります。テクスチャー13

相手に過失がなくてもこちらが死傷すれば補償の対象内になるかどうか

相手に過失がない交通事故でこちらが死傷した場合は相手からの補償を受けることが出来ません。このような事故では任意保険の自損事故保険、搭乗者傷害保険、人身傷害保険で保険金を受け取ることが可能です。自賠責保険は一切支払対象にはなりません。自損事故保険は死亡の場合1500万円、後遺障害は等級に応じて、傷害については入院1日6000円、通院1日4000円が支払われ、総額で100万円が限度になります。ケガの内容によって定額で支払われるものもあります。自損事故保険は保険を請求すると、等級がダウンするため軽傷の場合は保険を請求しない方が良いこともあります。搭乗者傷害保険は死亡と後遺障害は保険の契約金額によって支払われる金額が変わってきます。大体1000万円で契約しているケースが多く、その場合は死亡で1000万円が支払われます。後遺障害は等級に応じて変わってきます。傷害についてはケガの内容によって定額で支払われるものと、入院と通院の1日あたりの金額が決まっており、それぞれ日数を掛けて支払われるものがあります。人身傷害保険は実際の損害額に応じて金額が計算されます。搭乗者傷害保険と人身傷害保険は等級が下がりません。テクスチャー12

単独事故で運転者が死傷した場合の補償

単独事故というのは、相手のいない事故のことで、例えば、運転者の不注意によってガードレールに衝突したり、崖地から転落してしまったりといった事故のことをいいます。
すべての自動車は運行するにあたって自賠責保険への加入が法律により義務付けられていますが、基本的には第三者である被害者を救済するための保険ですので、助手席や後部座席に乗っていた人が死傷した場合については、自賠責保険でも保険金が下りるものの、運転者本人については、残念なことに保険金が下りません。
そのため、任意で自動車保険に加入することになりますが、運転者本人に被害があった場合についても補償の対象とする保険にはいくつか種類があり、自損事故保険とよばれているものがその代表となっています。
この自損事故保険は、通常は他の自動車保険に加入すれば、自動的に付帯されるものですので、特に申し込みの必要がないというのが一般的です。
もし運転者が死亡した場合には、死亡保険金として1,500万円程度が、その他傷害であれば医療保険金として入院・通院の日数にあわせて定額が支払われることになります。
さらに保険金の金額を増やしたいという場合については、自動付帯の自損事故保険だけではなく、人身傷害保険などの別の保険に加入したほうがよいでしょう。テクスチャー11

自損事故保険加入をオススメする理由について

自損事故保険というのは、事故の相手方がいない単独事故や、ドライバーに100パーセントの過失があるような事故について、ドライバー自身がケガまたは死亡という損害を負ってしまった場合に、その治療費などの補償が受けられるという自動車保険の種類です。
単独事故としては、ドライバーの不注意で中央分離帯に乗り上げてしまったとか、カーブを曲がりきれずに崖下に転落してしまったなどの事故が該当します。過失100パーセントの事故とは、信号待ちで停車していた自動車に、後ろから衝突する事故のようなものをいいます。
一般的な相手のある事故であれば、相手にもいくばくかの過失が認められることがほとんどであるため、相手の自動車保険から保険金を受け取るケースも考えられます。しかしながら、単独事故のようなケースでは、相手からの保険金は期待できず、そのままではまったく補償が受けられないことになってしまいます。
こうしたケースで活躍するのが自損事故保険であり、いざというときの備えとして強くオススメしたい内容をもつものです。自損事故保険は、このように重要性がきわめて大きいことから、最近では対人賠償保険に加入した際などに自動的にセットされており、別途申し込みを必要としない場合も多くなっています。テクスチャー10