自損事故のときに搭乗者を守る保険とは?

自動車事故のなかには、かならずしも他の自動車との正面衝突のような相手のある事故だけではなく、運転者の不注意によって道路脇の電柱や建物に突っ込んだりといったケースもあります。
このような自損事故の場合には、自動車のすべてが加入している自賠責保険では保険金が下りないといったことも考えられ、ケガの治療などにも膨大な費用がかかることになってしまいます。
そうした窮地に陥らないようにガードするのが自損事故保険とよばれる任意の自動車保険の一種であり、契約中の自動車の運転者や搭乗者が死傷し、自賠責保険でも補償がないときに、保険金の支払いを受けることができます。
この保険では通常の場合、死亡の損害であれば1人につき1,500万円まで、介護が必要となる重度の後遺障害であれば2,000万円までといった上限額の範囲内で、保険金の金額が決定されます。
この保険は、保険契約者が個別に申し込みをしなくても、他のタイプの自動車保険に自動でセットになっていることが多いため、契約内容を一度確認しておくことが勧められます。
なお、同様の自動車保険として、人身傷害保険とよばれるものがあり、こちらも運転者、搭乗者とも補償の対象となるほか、保険金額も無制限という選択ができるなど、より充実した補償が受けられます。テクスチャー09